読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#釣り #西湘 #釣れなくても楽しい #基本はショアジギング

2016年10月から釣りを始めた。ここに軌跡を残していこうと思う。

国府津 釣果

2016年11月19日 5時から約5時間 大雨

 

待ちに待った楽しい釣りの時間だ。

 

今回は遠投用の道具を勉強し一式揃えてソウダガツオを狙う。

 

竿は4.2mくらいが良いと言われたが、3.9mが手頃な値段だったのでこれにした。

リールは中古のDaiwaで2000円、ラインはナイロンで4号を200m、リーダーはナイロンで7号、天秤25号、弓角(白)といった布陣で戦う。

※弓角は青とピンクも持っていた。

 

相変わらず土砂降りの中、5時前に内田釣具店によって店主と話して、一応青イソメを購入して釣り場へ。

 

初めての遠投ということと周りが暗くて距離もわからないので、最初はキス用の仕掛けに青イソメでタックルを開始した。

 

一発目は根掛かり・・・かと思いきやなんと30cmを超えるアナゴが付いていた。

f:id:cherry_fisher:20161124201825j:plain

 

とりあえず氷を入れたZiplockにアナゴを突っ込んで釣りを再開した。

 

陽が昇ってきた頃、弓角にスイッチしソウダガツオを狙う。

最初の30分は遠投の練習のような感じだったが段々コツを掴みライン自体は80m程度出ていくようになった。

 

内田釣具店の店主が様子を見に来た時、自分の装備や投げ方を確認したが、概ね問題ないとのこと。ただリーダー(天秤から弓角までの長さ)を3mくらいにした方がいいとアドバイスを受けた。

ただこれ(1.5m)でも釣れるとのことだったので引き続き投げる。

雨が強かったため10時過ぎに納竿となり、結局釣果はこのアナゴ一匹となった。

 

内田釣具店の店主曰く今日はあまり釣れていない模様で他の釣り人もソウダ、シーラなど大きい魚は釣れていなかった。

 

 この後、折角なので大磯漁港に向かうことにした。

 

・釣果:アナゴ:1

 

・使用した釣具一式(ラインは類似品)