#load #to #saltista

fishing memory since Oct,2016

葉山ボート 葉山釣具店(H.F.C) 森戸海岸 釣果 2018年5月27日

2018年5月27日 6時半から約6.5時間 晴れ

 

今回は真鯛メインだけどお土産が欲しいという意気込みで葉山ボートに向かった。

 

今年は一度も魚を持ち帰ってないので、なんとか食べれるサイズの魚を釣りたかった。

 

最初はイカ狙いで考えていたが、釣果情報を見ていると真鯛狙いで外道でサバを釣っている人がいたので確率的に高そうなこちらに決めた。LTコマセという釣り方はやったことがなかったので、仕掛けは当日購入で考えていた。

 

5時過ぎに到着し、受付を済ませて番号札(6)を受け取った。

 

店主に話を聞くと、潮の流れ、かけ上がりのポイントなど丁寧に教えていただき仕掛けも選んでもらった。

 

f:id:cherry_fisher:20180601195558j:plain

 

 

購入したものはオキアミ3kg(1,200円)と、カゴ(800円)で、ハリスと針は手持ちのものを利用した。

 

第一精工 ラークカゴ 中 スモーク 04087

 

海岸でボートを適当に選びすべての準備を整えて待ってると6番が呼ばれた。

曳舟でオレンジブイまで連れて行ってもらい更に沖を目指した。

 

 

 

 

 

ポイントとしては貰った地図の「11m」と書いてある場所の左上にぐるぐる丸が書かれている場所で開始した。

 

棚は底付近20mくらいで、ハリスは7lbを2ヒロくらいにしてみる。

 

仕掛けが重いのでアタリもあまりわからずにいたが、早々に魚の気配を感じた。

仕掛けをあげてみると10cmくらいの小サバが付いていた。

結構大きめの針を使っていたが、相変わらず小物が釣れるのかと少し沈んだ気持ちとなった。

 

一緒に行った知人は一つテンヤで大きめのエビをつけていたが、こちらにもフグやオニオコゼなどイマイチなものが多い。

 

釣れないよりはいいかと思っていた頃、いつもより大きな反応が起きた。

 

リールを巻く手にも確かな感触があり、お土産サイズであることは間違いないと興奮していた。

 

カゴをボートに上げて釣り糸を手で巻いて魚影が見えた。

 

 

メジナだ。

 

一緒にいた知人から声が出た。

f:id:cherry_fisher:20180601195602j:plain

 

 

あれだけ磯で釣れなかったのに、難なく釣り上げてしまった。

サイズも尺近くはあり最初としては申し分ないサイズであった。

 

少し時間が経過し、今度は知人の竿が大きくしなった。

仕掛けはアジの塩漬けに変えていたので、フラット系の魚かと期待が高まった。

 

 

f:id:cherry_fisher:20180601195606j:plain

だが釣り上がったのは大きなウツボだった。

テンションはとても上ったが、ギャラリーの釣り人も笑っていた。

 

そこから10時半頃までに足裏サイズのメジナが2枚釣れたが、以降は大きな魚は釣れず13時頃に納竿とした。

 

1枚は知人に渡し、2枚を持ち帰り刺し身と塩焼きにして食べた。

若干の磯臭さはあったけど、それなりに美味しかった。

ただ期待値が高かったので少し残念ではあった。

 

とはいえ、お土産を持ち帰ることができたので、今回は及第点には達した。

 

釣果 : メジナ:3、小サバ:3

 

 

 

ふれーゆ 釣果 2018年5月12日

2018年5月12日 6時から約3時間 晴れ

 

珍しく会社の同僚から前夜に誘われ、2つ返事でOKし朝5時頃自宅を出た。 

 

直前まで行く予定ではなかったので餌などは持参せずエギングのみの釣行となった。

f:id:cherry_fisher:20180517192910j:plain

 

シーズンなので場所がなさそうかと思っていたが案外空いており、適当に地面に墨跡があるポイントに竿を出した。

 

f:id:cherry_fisher:20180517192842j:plain

 


相変わらずふれーゆのイカはウキ釣りでスッテにアジを巻いて狙っている人が多く、隣りにいた常連ぽい人に話を聞いたところ、どっちでも釣れるけど何回もキャストするのが面倒だからと言っていた。

またその人曰く、昨日は3杯とったけど今日はさっぱりだねとのこと。

 

 

 

 

天気はよく気持ちは良かったが、全く釣れる気配はなく周囲で挙げてる人は誰もいなかった。おそらく空いてたのではなく釣れないから皆帰ったのかもしれない。

 

青イソでチョイ投げしている人もいたが全くエサが取られてる気配はなかった。

 

相変わらず異常なしということで納竿とした。

 

今年もシリヤケイカの姿を見ることはできないか。。

 

釣果 : ボウズ

 

 

 

キャンプ 伊豆 萬城の滝 2018年5月4日

今年のGWは伊豆の万城の滝キャンプ場でお世話になった。

 

当初の予定では5/3〜4で、前職の同僚2家族と他1組の4家族でキャンプを予定した。
だが5/3が強風を伴う雨と予報が出ていたので、5/4〜5に日程を変更したところ前職の同僚には既に予定があり、結局2家族でのキャンプとなった。


さらに息子が2日前に高熱を出してしまい、前日には下がったが泊まりは厳しそうなので我々は日帰りでキャンプ場に向かった。

 

自宅からキャンプ場までGoogleMapsナビでは2時間となっていたが、午前7時に出発し渋滞に巻き込まれ到着は11時と4時間かかった。

 

キャンプ場は伊豆高原にあるため、天気は良かったが風が冷たかった。


Aサイトという500cm ☓ 500cmの区画を2つ借りており、テント用とタープ用で考えていたが少し木陰だったので結局タープは張らなかった。

 

今回グリルテーブルと行った新しいアイテムを用意しており、設置してみたが中々いい感じだった。

 

f:id:cherry_fisher:20180509200331j:plain

 

尾上製作所(ONOE) マルチファイアテーブル MT-8317

 

ひとしきりの食材を消化して、メインとなる万城の滝を見に行った。

 

f:id:cherry_fisher:20180509200531j:plain

 

青野原キャンプ場の滝よりは見劣りするが、桟橋から多少なりの雰囲気を感じることができた。

 

またAサイトから反対方向に行った所に水遊びができるちょっとした沢があり、カニやカエルを捕まえることができた。

f:id:cherry_fisher:20180509200350j:plain

ただとても寒かったので水遊びをするにはもう少し先の季節という感じだった。

 

18時くらいには我々は帰宅の途に向かったがとても寒かったので近くの風呂に寄ってくことにした。キャンプ場の管理棟でチラシを物色し最寄りの風呂は白岩の湯だったのだが、20分位の所に23時までやってる少し大きめの風呂があったのでそこに向かった。

 

 

 

お風呂は内湯と露天の2つにシャワーが10個位でスーパー銭湯ほどではないが繁忙期にもかかわらず客は少ない感じだったし、キャンプの風呂にしては申し分なかった。

 

帰りの渋滞にはハマらなかったが夕飯も食べたので自宅に着いたのは22時過ぎだった。

 

楽しい思い出でとなったが、伊豆の日帰りは中々キツい。

神奈川 相川ボート 釣果 2018年4月30日

2018年4月30日 7時から約4時間半 晴れ


久しぶりのボート釣行となる。

 

当初は城ヶ島で磯釣りを考えていたが、今回一緒に行く知人がホームページを閲覧して
マゴチの良い釣果が出ていたので、ボート釣行に決めた。
※この知人とは昔からフラットフィッシュを釣り上げたいと話していた

 

予約は不要だったが、ゴールデンウィーク中だったので、ボートが足りなくなるのではと気になり電話してみたところ、6時にくれば多分大丈夫とのことだった。(中年男性でだいぶ愛想はなく感じた) またホームページ上のルアー(マゴラバ)も気になったので確認したところ店内で1個800円で販売しているとのこと。

 

一応、前日に某大型釣具店で確認したら、ジグヘッドとワームの部分を合わせて1,600円程度だったのでボート店購入で考えていた。

 

CLUE(クルー) ワーム マゴラバ 35g 03 シロギス.

メジャークラフト ワーム パラワーム-GRUB2.3 PW-GRUB2.3019オールグロー


ただシロギスも釣果が出ていたので青イソメ(30g)だけ購入して、当日現地に向かった。(ホームページ上に青イソメクーポンあり)

 

 

 

6時位には金沢漁港に到着し、相川ボートと伝え誘導の指示に従った。
車を停止し、受付に向かうとそれなりに待ちの列ができていたが10分位待って受付となった。

 

受付で地図を見せていただき、船の通り道では釣りをしないようにと説明を受けた。

※赤が船の通り道、黄色は養殖路なので釣りをしてはいけない

f:id:cherry_fisher:20180501181112p:plain


ルアーが欲しい旨を伝えたらラスト2個となっていてギリギリ2人分購入できた。

 

マゴチは全域であがってるようだが、海の公園の方が釣果が出ているとのことだった。
日産工場前でもあがっているがシロギスがメインとなる。八景島の方は上級者向けとのことだったので海の公園の方に向かうことにした。

 

釣りの準備をすべて整えた後、車の鍵を店の人に渡してボート乘り場の列に並んだ。

f:id:cherry_fisher:20180501181245j:plain


葉山ボートと違うのは沖まで連れて行ってもらえないため、自分達で漕ぐ必要がある。
一番近い海の公園エリアに出るのも慣れてないとそれなりに苦労すると思う。

 

15分程度待って、20分くらいかけて漕いだので、釣り場に着いたのは7時前くらいだ。

少し心配した船酔いだが、波は穏やかで時折ジェットスキーなどで揺らされるが基本的には心配なかった。

竿は2本でキス釣り用の仕掛けを放置しつつ、合間でひたすらマゴラバを少し投げて底から50cmくらいのところでシャクって落とすアクションを繰り返していた。

 

まずキス仕掛けの方は1投目で魚がかかった。久しぶりの感覚で興奮したが、あげたところ10cmくらいのフグがついてた。

そこから小魚が連発したが、食べれるサイズの魚を釣り上げることはできなかった。

 

ルアーの方は、結構な頻度で海藻が引っかかり、海の公園内でポイントを転々としたが全域で海藻に引っかかる感じだった。

 

またアンカーをしっかり落としきれてなかったので流されることも度々あった。アンカーのロープは全て落とし切るのを確認すべきだった。

 

近くの釣り人にも会話をしてみたが釣果はイマイチといったところだった。

 

キス仕掛けの方も、食べれるサイズのキスが1匹釣れただけで、11時頃から餌を取られなくなってきたので納竿とした。

 

ボートを戻し釣り人と話していると、日産工場前の方が海藻に引っかからず釣果が出ているようだった。感覚だとボート20槽に対して3割が釣果を出せるというところだろう。

 

ボートの釣りは楽しかったけど相変わらず釣果が着いてこないのが悔しい。
次回は日産工場前でリベンジしたい。

 

・釣果:フグ:3、シロギス:1、コチ(10cm程度):3

 

 

 

Haruki Murakami Best5 for Beginners

I like Haruki Murakami.


Although I don't usually read a novels, I have read the Haruki's novels of all.

However, If I say "I like Haruki's novels", Everyone thinks me to be a Harukist religion.

As I don't want to be a Harukist that I'm not enthusiastic fan, I don't say it.

I intoroduce my best 5 not to tell detail.

 


+ The Wind-Up Bird Chronicle

 

The Wind-Up Bird Chronicle


This book is more impressive than interesting.

Although it was boring as it was peaceful until middle of the story, the accident happens casually.

I read it with a little disgusting feeling because somewhat dark and scary the atomosphere.

As the story is long, it is not recomend to beginer. But if you like other Haruki's novels, You have to read it.

 

+ Colorless Tsukuru Tazaki and His Years of Pilgrimage

 

 

Colorless Tsukuru Tazaki and His Years of Pilgrimage

 
If you don't read a novels, but you want to read a Haruki's novels, this novels is recommended.

Although the story is short, his view of the world is written.

 

 


+ 1Q84

 

1Q84: Books 1, 2 and 3

 


This novels became big topic in Japan. Emerging religious cases at the time was traced.

This story dosen't want to imagin because the detail was harsh.

But I was saved somehow as SF part is also heavily used for this work.

 



+ Kafka on the Shore

 

 

Kafka on the Shore (Vintage International)


There wasn't much different to 1Q84.

This story is also SF, but there is reality and readable.

A entanglement scene with women was made to be horny by the real pleasure of his work.


+ Dance Dance Dance

 

Dance Dance Dance



It is the last chapter of a novels called the representative sheep trilogy.

There is some connection from his debut novels to this novels.

It is interesting to read only this one but I recomend to read debut novels.

But I don't recomend to beginner.


"Norweigian Wood" is the most famous in japan and his view of the world is written.

But I think that this novels is not more interesting than above 5 novels because it is like a romance.

 

Although it is not novels,"What I Talk About When I Talk About Running" is interesting too.

 

 

What I Talk About When I Talk About Running: A Memoir (Vintage International)

 

You'll be able to understand a little his character.

 

 

 

キャンプ 千葉 森のまきば 2018年3月24日

森のまきば 2018年3月24日 - 25日 晴れ

 

まだ寒さが残っていたが、周囲の熱い知人たちとともにキャンプに出かけた。

 

私は基本的に寒いのは苦手だが、妻や子供はキャンプは楽しいからとポジティブな考えを持ってる。

 

まだ寒いのでタープは持っていかず、妻の実家にあった石油ストーブを持参した。

 

知人と相談して「森のまきば」という初めての千葉のキャンプ場に決めた。
http://www7b.biglobe.ne.jp/morimaki/

 

アクアラインを抜けてキャンプ場に向かう途中にスーパー「尾張屋 横田店」で足りない食材を購入した。
https://www.very-foods.co.jp/tenpo/yokota.htm

 

9時にスーパーがオープンだったのでキャンプ場到着は10時前くらいだった。

 

キャンプ場はホームページで見たものより実際には広くて開放感が良い感じだった。

 

f:id:cherry_fisher:20180424142514j:plain

 

自転車コースもあり安かったので借りてみたけど、そこそこの勾配とオフロードなので気持ちのいいものではなかった。遊具とかはないけれど小動物やヤギとかがいてちょっとした餌をあげたりすることもできた。

 

 

 

あと炊事場ではお湯が出るので、この時期にはだいぶ助けられた。

ゴミもわざわざ巡回してトラックで取りに来てくれたり、利用料金が少し高いけど、この時期の1泊キャンプには良かった。

 

都市部から近いので、若洲に行くよりは雰囲気を味わえるキャンプ場といったイメージを持った。

 

横浜 釣果 2018年4月22日

2018年4月22日 6時から約3時間 晴れ

 

 

大黒でイカが釣れてきているので、今シーズン一発目の釣行に出かけた。
今回は餌は何も用意せずイカ一本に狙いを定め、ひたすらエギを投げることとした。

 

この日は夏日予報で30℃まで上がる予定となっており、海中には大量のクラゲがいた。
また風も弱くキャストも思い通りの場所に落とすことが出来た。

 

 

が、全く釣れず、途中で同行した知人がサビキ仕掛けも試していたが何一つアタリもなかった。

 

大黒の釣果は多少イカが釣れていはいたが、アジなどは全然だった。

 

今年も中々渋いスタートとなった。

 

釣果 : ボウズ