#釣り #西湘 #釣れなくても楽しい #基本はショアジギング

2016年10月から釣りを始めた。ここに軌跡を残していこうと思う。

若洲海浜公園 釣果 2017年6月26日

2017年6月26日 13時から約5時間 快晴

 

最近は毎週末が釣行となっていたため今週は家族との時間を優先しようと考えていた。


子供が小さいので遊具付きの大きな公園を探していたところ当施設を

思い出し、ちょうどいい感じだったので道具一式を持って出かけることにした。

 

一応家族サービスがメインとなるため、時間があればボート釣りの時に残ったアミ姫でサビキ釣りか、ワームで穴釣りでもしようと考えていた。

f:id:cherry_fisher:20170626201738j:plain

 

到着後、磯でカニでも採ろうかと釣り場の方に向かった。(後で気づいたが遊具のある公園からはだいぶ離れていた)

 

釣り場は堤防と釣具屋前の柵にはビッシリと釣り人が並んでいたが、磯の方はまばらな感じで釣り場を探さなければならない感じではなかった。

 

子供と少し戯れた後、タックルを準備して妻と交互に雑にキャストを始めた。
最初はワームで穴釣りとした。人口磯というのもあってか穴自体が少ないのと深さがあまり無いため、ちょい投げに変更したが波が立ってすぐに戻されてしまい思うようにはならなかった。

 

2時間くらい適当に過ごした後、妻と子供は遊具のある公園に向かうとのことで、融通してもらい堤防でサビキ釣りに変更した。

f:id:cherry_fisher:20170626201743j:plain

時間は15時半くらいだったが釣り人は減ってきており、ぽつぽつと1人分のスペースは空いてきていた。

 

面倒だったので堤防入り口から50mくらい(堤防自体は570mある)のところで始めて、最初はタナ5mくらいで5m先に投げた。

 

f:id:cherry_fisher:20170626201747j:plain

キャスト開始してから10分くらいで小さなサッパがかかった。

 

その後は特に何も反応はなく周囲もあまり釣れておらずエサもなくなり、適当にサビキを投げていた。

 

堤防の奥から2人組の釣り人が帰ってきたが、片手に40オーバーの太った黒鯛を2匹持っていた。
妻と子供が公園から戻ってきたので、妻に竿を託し子供と堤防の奥に見学に向かった。

 

奥に進むにつれて、サッパやイワシの釣果が良く水くみバケツにたくさん入っている人が多かった。 

 

堤防のキャスト側は1mくらいの柵があり、後ろは3mくらいの岸壁となっていて上に1mくらいの柵がある。堤防の奥ではこの岸壁に登ってヘチ釣りをしている釣り人が多く、ちょうどローカルの方々が貝を使って黒鯛を釣り上げる瞬間に立ち会えた。

どうやら3匹目らしく釣れていない同行者にあげるなどと言っており結構釣れているように見えた。 

 

ファミリー向けの釣り場でも、こんな大きな黒鯛がいるとは侮れないなと感じた。

 

自分の場所に戻ると、前方50mくらいの表層にシーバスらしき魚がジョーズのようにゆっくりと泳いでいるのが見えた。

手元には中古で買ったフローティングがあったので仕掛けを変えて投げてみた。

竿は2.1mのポケット竿というのもあり全然届かないので、5号のナス型を付けてみたがまだ届かない。

 

そうこうしている内に日も暮れてきて、これからタマヅメとなる時間帯だったが納竿とした。

 

ファミリー向けの釣り場だがキャンプサイトも近いので、ここで釣りキャンプも悪くないなと思った。

 

下は関係ないがさゆりんです。

 

 

・釣果:サッパ:1

城ヶ島 長津呂 釣果 2017年6月18日

2017年6月18日 5時から約6時間 曇りのち雨


先週の葉山ボートの無念を晴らすべく今週は必ず何か釣ってお土産として持ち帰ることをミッションとし餌釣りで挑むことにした。


明らかに混雑が予想される釣り場は避けたかったのと、前に言ったが電車釣行 単独派氏、Youhei fishing氏の動画を見ていて磯がとても気になっており、城ヶ島の長津呂磯にした。


ターゲットはメジナだが、とにかく何かを釣って家で食べれれば何でも良かった。

 

ウキフカセをやりたかったが磯竿は持ってないので手持ちのショアジギロッド、PE4号に丸セイゴの10号(ハリス1号、65cm)に円錐ウキでウキ下2ヒロが今回のタックルとなる。


コマセはオキアミ3kgにグレパワー半分と米ぬかを混ぜたものとし、サシエはその中から適当に拾って使うことにした。

 

磯は想像より釣り人が少なく(小潮だったのも影響してるかもしれないが)朝5時位で見える範囲で数人レベルだった。

 

f:id:cherry_fisher:20170620190748j:plain

 

さらしが出てる少し湾状になった場所を選び準備をすすめる。

早速コマセを巻いたところ小魚(スズメダイ)がたくさん集まってきた。

 

 

まずはガン玉なしで適当に流してみたところ2投目で20cm位のウミタナゴが釣れた。
これで目標は達成となるはずだったが、気づいたら尺を超えるメジナが釣れなければ意味がないような気がしていた。

 

釣りを続けるとキャストしてから10秒くらいでスズメダイの集団にエサを捕られる。

時折このスズメダイも釣れ、普段ならリリースしているがこの日はすべて持ち帰ると決めていたのでクーラーに突っ込んだ。

 

スズメダイの応酬を避けるべく少しポイントをずらしコマセを撒くのを止めてガン玉3Bを付けてキャストを再開する。

 

30分位して少し強めのアタリを感じた。こちらは15cmくらいのメバルだった。

 

前日2時間くらいしか寝れなくて夜も予定があったため、帰宅が頭をよぎった。

その時大きくウキが沈んだ。

何もしてないのに根掛かりしたような感覚に陥り、魚だと認識するのに数秒かかった。

 

これまでのアタリとは違い明らかに大きい魚だと胸が高鳴った。

一緒にいた知人に大きなアタリを伝えながら魚が海面に上がるのを待つ。

 

海面に見えてきた魚がメジナでないことが分かり、少しガッカリした。

 

多分アイゴだ。

 

タモは持っていないので、抜き上げるしかないのだが磯の高さが10m近くあるので少し心配だった。無事に上げることができてホッとしたのと同時に久しぶりの大きな魚がとても嬉しかった。(アイゴはワンパンでは倒せなかった)

 

普通なら食べない魚のようだが、この日は持って帰って食べると決めていたので、その場で締めて内蔵を取り出し、毒がある背ビレをすべて切り落としてZipLockに入れた。

 

一先ず大きい魚が釣れたのと雨も降ってきたので、この日はここで納竿とした。

 

f:id:cherry_fisher:20170620190752j:plain

 

釣ったスズメダイは味噌汁にし、他の魚はムニエルのようにして食べた。

アイゴは食感が固めでササミに近く感じたが悪い感じではなかった。

スズメダイは骨が固くて食べるべきではない魚だった。

 

結果としてメジナが釣れなかったことが残念だったが、まあ楽しめた。

 

以下も現地調達したお土産です。

f:id:cherry_fisher:20170620190758j:plain

 

 

・釣果:ウミタナゴ:1、スズメダイ:3、メバル:1、アイゴ:1

葉山釣具店(H.F.C)ボート 森戸海岸 釣果 2017年6月11日

2017年6月11日 6時から約5時間 曇り

 

 

. 出航前🚣‍♀️ . この後、地獄の船酔が‥‥ . #葉山 #ボート釣り #葉山釣具センター

スモーキーさん(@yoshinari0621morita)がシェアした投稿 -

今回は初めてのボート釣りとなる。最終的には反省しか残らない。

 

前々から興味はあり、いろいろ見ていたが今回は葉山釣具店(H.F.C)にした。


完全にH.F.CのWebマーケティング戦略にハマったといっても過言ではなく、決め手はFacebookの釣果写真とWeb完結の予約スキームだった。

 

元々は前日に予約していたが強風の予報が出ていたのでキャンセルし当日を迎えた。(実際には前日も出船していた模様)

 

ネットには悪い記事も書かれていたが、とても親切な対応で、ボート出しのスタッフの方々は見た目は強面だが気さくにいろいろ融通してくれた。

 

店内の女性スタッフも親身に説明してくれ海面マップにいろいろと書き込んでくれた。

 

f:id:cherry_fisher:20170613200412j:plain

 

今回は泳がせでヒラメ・マゴチをメインターゲットとし合間でエギを投げる、泳がせ用の魚(キス・アジ・イワシ)は現地調達することを考えていた。

 

竿は2本で、1本は泳がせの魚を釣るためサビキ仕掛けで錘の部分に天秤をつけてキス仕掛けにジャリメを付けて底に沈めた。

もう1本の竿にはエギだが、そっちにもサビキを付けて錘から30cmのラインにエギを付けて沈める。(ふれーゆではシャクリなしで釣果が出ていたので放置法で試す)

泳がせの魚が釣れたタイミングでエギとサビキを外して泳がせの仕掛けに変更。

泳がせの仕掛けはヒラメ用の2つ針で後ろがトリプルフックになっているものに天秤を付けて錘を15号つけて沈めることを実践した。

 

5時には到着し受付後、海に降りていき適当にボートを選んで荷物を置く。

f:id:cherry_fisher:20170613200555j:plain

6時前後に受付順で出船となり受付で貰った番号札を渡してボートに乗り込む。
今回は引き船をお願いしていたので沖まで連れてって貰えるのだが、これがとても気持ちよかった。

 

3人で来たが、私と知人で1船、知人が1人で1船となった。

同乗した知人はイカをメインで考えていたため店内スタッフに教わったイカのポイントで始めることとした。

 

知人がボートの操舵を行っていたが少し手間取っていたのと、アンカーがうまくかからないことからピンポイントの場所に停泊することは難しかった。(これによりもう1人の知人とは離れて釣りをすることになる)

 

釣りを始めてから5分位で小さなアタリを感じた。

 

f:id:cherry_fisher:20170613200601j:plain

上げてみると小さな魚が付いていた。

 

泳がせに利用できるのか良くわからなかったのでリリースした。

 

20分くらい経ったところで異変が起きた。

 

 

同乗していた知人が持参したビニールに嘔吐したのだ。
船酔いしてしまったそうで中々厳しい感じだった。

 

少し気遣いなから釣りを進めるとやっと豆アジがサビキにかかった。
取り敢えずエギを外してその場で泳がせを始める。

店内スタッフの泳がせおすすめのポイントではなかったがやってみることにした。

 

だが何もかからない。

 

30分毎に小魚(イワシとか)はかかるが泳がせは無反応。

f:id:cherry_fisher:20170613200604j:plain

 

9時頃に泳がせおすすめのポイントに移動したが無反応。

 

周囲が大きなアオリを多く上げていたので、10時頃から真面目にエギングを開始したが時既に遅し。

 

ボウズではないもののお土産となる魚はなく寂しい結果となってしまった。

 

もう1人の知人は店内スタッフがすすめてくれたアサリエサを利用して良型のカワハギを4匹上げており最大で25cm程度のものだった。

 

f:id:cherry_fisher:20170613201013j:plain

ボート釣りは周囲の気兼ねもショアに比べて少なくとても楽しかったが釣果に繋がらなかったことが非常に残念だった。

 

反省点として、
・1つの釣りに集中する。(釣りは運だけでなく信念と忍耐も必要)
・釣具店などの情報には従ったほうが釣果にはつながる。

 

6月中に行くことが出来ればイカ1本で釣りをすることにする。

 

ちなみに下は妹(理想)の釣果

 

 

・釣果:不明:1、スズメダイ:1、トラギス:1、イワシ:3、豆アジ:1

(友人合計、カワハギ:4、アジ:1、イワシ:4、ハゼ:1、メゴチ:1、その他)

 

 

 

 

葉山・一色堤防 釣果 2017年5月28日

2017年5月28日 5時から約4時間 晴れ

 

今回は葉山に自宅を持っている友人の家に別の友人と泊めていただき一緒に朝マヅメを攻めた。

 

f:id:cherry_fisher:20170529215427j:plain

初めて釣り場には少し高揚した。

 

友人の知人が2kgのイカを上げた実績もあるとのことなので、最初はエギング・ショアジギをした。

 

しかし根掛かりによるロストが頻発したので穴釣りに変更した。

 

穴釣りと言っても堤防の真下にテトラが埋もれていたのでヘチ釣りに近いのかもしれない。

 

 

開始早々に大きなアタリがあり、今年で一番の高揚があった。

 

f:id:cherry_fisher:20170529215431j:plain


おそらくマフグだろうが20cm近くあった。

 

 

その後、友人がアジング用のワームで大きな20cmを超えるカサゴを釣り上げた。

 

f:id:cherry_fisher:20170529215440j:plain

 

ここから問題が起きた。

 

結果から言うと一緒に行った友人2人は5,6匹のカサゴを釣り上げたが、私のみ全然釣れない。

 

少しアタリがあったと期待したら

f:id:cherry_fisher:20170529215436j:plain

 

ハゼだった。

 

9時を過ぎたところでアタリがなくなってきたので納竿とした。

 

友人は大きめのカサゴのみ持ち帰りとし小さめのサイズはリリースした。

 

そのまま友人の自宅で釣ったカサゴを煮付けで食べたがとても美味しかった。

 

f:id:cherry_fisher:20170529215446j:plain

自分で釣っていれば尚良しだったろうが。。

 

・釣果:マフグ:1、ハゼ:1

(友人合計、カサゴ:12、ギンポ:1)

ふれーゆ 釣果 2017年5月22日

2017年5月22日 8時から約4時間 晴れ

 

イカは知人のインスタグラム 

 

. イカが食べたくてまたきました❤️ . でも今日は釣れてくれません😓 . #ふれーゆ #イカ釣り #エギング

スモーキーさん(@yoshinari0621morita)がシェアした投稿 -

 

前日ディズニーランドで8:00から10:00まで(正確には6:30到着)フルに過ごしていたため行こうか悩んだが、ちょうど良く目が覚めたので知人を誘ってふれーゆに向かった。

 

前日同僚が大黒海づり施設に足を運んでいたが、入場制限によりエギの使用禁止と釣果自体も今ひとつなので今回もふれーゆに決めた。

 

※5/21の釣果を転記

アジ 18 - 30 cm 合計 23 匹
シリヤケイカ 0.4 - 0.6 kg 合計 3 匹

daikoku.yokohama-fishingpiers.jp

 

8時前くらいに到着し釣り人は多かったが、マヅメを過ぎていたこともあり場所がないというほどではなかった。

(それでも隣人との間隔は3mくらい)

 

今回はサビキ仕掛け一番下に30cmのラインからエギを付け、タナはベタ底でキャスト開始

 

f:id:cherry_fisher:20170522194700j:plain

 

 

相変わらず釣れない。

9時くらいに周囲でイカがあがっていたが自分と知人は釣れない。

感覚的には10人に1人くらいが釣れている様子だ。

 

11時頃に釣れないので周囲の様子を見に行くと4杯釣れている人が居た。

f:id:cherry_fisher:20170522194708j:plain

 

この人に話を聞いたところ

「4時からやってたけど釣れたのは9時から10時の間かな。エギを底まで落として2回位シャクって後は放置してた感じ。釣れたのは2年振りだよー、本当幸運だった。」

 

 

何かパチンコのように良い台に座れば当たるというような、そんな感覚だった。

 

 

戻ってサビキは止めて練習がてらジグを投げていたら、隣のファミリーの娘(4年生くらい)に大きなアタリがあった。

 

f:id:cherry_fisher:20170522194711j:plain

 

結構大きなタコが釣れた。

 

このタコを見てこの日は納竿とした。

 

それにしても本当に釣れない。

 

マヅメにできないのであれば釣りをする意味はないのだろうか。

 

・釣果:ボウズ

 

 

 

ふれーゆ 釣果 2017年5月13日

2017年5月14日 6時から約3時間 雨

 

2017年は1匹も釣果がないため、なり振り構わず釣果だけを目標に背水で攻めると3日前から考えていた。

 

必ず釣るとなれば安定して釣果が出てかつ、相性の良い大黒海釣り公園だが、生憎の大雨予報で入場できないことも懸念し、当日はふれーゆに向かった。

 

一応イカ狙いだが、何か釣りたかったのでアジ用サビキの1番下にエギを付けて20cmくらいのラインに錘をつけた自前仕掛けで挑んだ。(餌はなし)

 

雨は降ったり止んだりだったが周囲に釣り人は少なく釣果も見られない状況だった。

 

あまり期待せずフロートを眺めていたら、若干の動きを見せた。

波の影響かとリールを巻いてみると付いてる手ごたえが確かにあった。

 

 

f:id:cherry_fisher:20170516214538j:image

 

 

2017年初は15cmのアジから始まった。

 

最初なので持ち帰りを考えたがリリースした。

続けてこのサイズが計3匹釣れ当初の目標は果たした。

だがイカを期待していてので満足感は全くなかった。

 

時間が進むにつれ海面が酷く汚くなってきた。

毎回ハリにゴミが付着し、雨足も酷くなってきたため納竿とした。

 

やはり持ち帰って食べれなければ満足はできない。

 

・釣果:アジ:3

城ヶ島 釣果 2017年5月7日

2017年5月7日 16時から約2時間 晴れ

 

私は電車釣行 単独派氏、Youhei fishing氏の動画を拝見することが多く、城ヶ島はよく登場するため以前から気になっていた。


GWに家族と三浦でいちご狩りをする予定があったので、下見がてら寄ることにした。
この時、釣りをするつもりはなかったが念のため、ちょい投げ用の小さい竿とリール一式はしのばせておいた。

 

先ず驚いたのは城ヶ島を渡る橋は有料道路(100円)となっていたことだった。
ちょっとした観光地に入る感じで悪い気はしなかった。


橋から大きく下って一番奥の駐車場(1日450円)に停めて、長津呂の磯で子供と
カニを採ったりして遊んでいた。

 

f:id:cherry_fisher:20170510200721j:plain

f:id:cherry_fisher:20170510200725j:plain

磯の釣り人はGW中にしては閑散としており、近くで大きいアイゴを釣りあげた人が
居たので少し話を聞いたところ午前中にはもう少し人が居たとのこと。

その人もウキフカセでチヌ・グレを狙っている感じだった。

 

馬の背洞門を見に行き、公園を散策して少し時間が余ったので、家族と一緒に岸壁からルアーを投げることとした。


こちらはそれなりに釣り人が多く少し場所を探して隙間に入れてもらった。

f:id:cherry_fisher:20170510200751j:plain

周囲の人は基本的にサビキ・ウキフカセが多く小さめのカサゴなどが釣れていた。

 

今回は30gのイワシルアーで始めて、3投目くらいで根掛かりしてロスト。
次はフローティングミノーに8号のナスを付けて開始。
妻がやりたがっていたので、竿を渡し子供と遊んでいたら、何故かルアーが
なくなっていた。

 

残っていたのはイカ用のエギと14gのイワシと60gのイワシしかなかったので
14gのイワシで再開する。

 

結果的にはあたり一つなく納竿となる。(これまでもルアーであたりを感じたことはない)

 

あまりにも釣れないのでエサ釣りに戻ろうかと困惑している。

 

・釣果:ボウズ